かわいい文具店をめぐり、手紙を書いたり、読書したり…。秋の【鎌倉】で文化的さんぽ

夏が終わり、海水浴客のいなくなった秋の鎌倉は、古都らしい落ち着いた雰囲気を取り戻します。もちろんおさんぽにも絶好の季節! 鎌倉散策というと神社仏閣巡り&食べ歩きが王道コースですが、雑貨屋さん巡りをするのもおすすめです。実は鎌倉にはおしゃれな雑貨屋さんが充実していて、中でも文具店はとびきり素敵! かつては文豪も多く住んでいたという鎌倉ならではの、こだわりの文具店を中心におさんぽしてみましょう。

今回のおさんぽルート

鎌倉駅 東口→①イワタコーヒー店→②鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ→③TUZURU→④インビス鎌倉→鎌倉駅 東口

行程:2.9km
歩数:3,929歩
所要時間:36分+お茶、ごはん
予算:4,500円

クラシックなカフェで、
名物のホットケーキに舌鼓

都心から電車に揺られて約1時間、JR「鎌倉駅」に到着。東口の改札を出て、おさんぽスタートです! 駅を背にして左手に見える鳥居をくぐると、お土産屋さんの並ぶ有名な小町通り。その小町通りに入ってすぐ右手にある「イワタコーヒー店」が本日最初のお店です。こちらには、鎌倉に来たら絶対食べるべき!と地元の人たちが太鼓判を押す、名物のホットケーキがあるというのでワクワク!

左/鎌倉を代表する、有名な喫茶店。クリーム色の外壁にIWATAのロゴが上品です。
右/昔ながらのショーケースにメニューが並んでいます。もちろんお目当てのホットケーキも!

お店に入ると、革張りのソファーがずらりと並んだ、レトロな雰囲気。

左/入口からは細長い店内に見えますが、突き当たって右奥にも空間が広がっています。座席数は87席。
右/創業は1945年で、創業当時の写真が飾られていました。川端康成やジョン・レノンが訪れたことでも有名なお店です。

今日は張り切って開店前に並びました!その理由は中庭を眺められる特等席に座りたかったからです。

窓際の席は人気ですぐに埋まってしまうので、ここを押さえたいなら開店と同時に行くべし!

お店に入る際にホットケーキを注文するかどうかを聞かれます。なぜかというと、焼きあがるのに20~30分ほどかかるから。こちらはそれを楽しみに来たのでもちろんオーダー!

ホットケーキを待つ間に、ゆっくりとコーヒーを飲みながら読書タイム。持参したのは、鎌倉を舞台にし、テレビドラマ化もされた人気小説『ツバキ文具店』です。

オリジナルブレンドコーヒー(税込600円)は、苦みと酸味のバランスが絶妙!

この主人公は、文具店を営みながら、代書屋としてさまざまな人に手紙を書くのが仕事。読んでいるうちに、主人公のようにこだわりの筆記具で誰かに手紙を書いてみたい熱がふつふつと湧いてきます。そんな小説の世界に浸っていたところで、お待ちかねの「ホットケーキ(税込800円)」の登場です!

バターとメープルシロップが添えられています。ボリューム満点なので、2人で1皿を注文するのがちょうど良さそう♡

1枚3㎝以上の厚みあるホットケーキが2段! 外側はカリッと、中は程よいふわふわ感。流行りのパンケーキとは違う、ホットケーキならではのシンプルだけど奥深い美味しさを堪能しました。

イワタコーヒー店
神奈川県鎌倉市小町1-5-7
☎︎0467-22-2689
営業時間 
10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日 火曜、第2水曜日

2オリジナルのレトロな文具を求めて、 文科系女子が集まるお店へ

お茶をしながら、久しぶりに手紙を書きたい熱が高まったので、レターセットを調達しに次なるお店へと向かうことに。 小町通りから、鶴岡八幡宮と海をつなぐ通り、若宮大路に出て海方面へ。途中には以前さんぽるじゅでも紹介した鎌倉野菜の市場、「鎌倉市農協連即売所」があります。

左/珍しい野菜が豊富で、いつも朝から多くの人でにぎわっています。
右/紫の野菜はカプリスというイタリア茄子の品種だそう。

市場の中をぐるっと回っていると小さなパン屋さんを発見! 10時の開店直後だったので、美味しそうなパンが次々と並びはじめていてワクワク!

お店の名前は「パラダイス アレイ ブレッドカンパニー」。地元でも大人気のお店で、カフェも併設されています。

テイクアウトしたのは「オリーブハーブフォカッチャ(税込378円)」と「あんぱん(税込216円)」。家に帰ってから食べたら、どちらも絶品でした♡

寄り道してしまいましたが、そろそろ目的のお店に向かいましょう。「鎌倉市農協連即売所」を出ると道が二股に分かれているので、若宮大路ではなく左側に線路沿いに伸びる道を進みます。歩いて1分ほどで、こじんまりとしたかわいらしい外観のお店「コトリ」に到着!

左/小鳥が描かれた看板と、愛らしいポストが目印。
右/昔ながらの大きな引き戸が雰囲気たっぷり!

中に入ると、カラフルでどこか懐かしさを感じさせる文房具や雑貨が所せましと並んでいます。

オリジナルは全体の3割程度。ひとつひとつをじっくり見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

レターセットや一筆箋、切手など、手紙にまつわるアイテムが豊富にそろっていました。それもそのはず、オーナーの一人、中村さんは以前北鎌倉で「手紙カフェ」を開いていたそう。そのお店で出会ったデザイナーやイラストレーター、カメラマンなどの8人が共同で開いたのがこちらのお店なんだとか。

左上/猫好きにはたまらない、猫のテープカッター(税込928円)。
右上/メッセージカード(3枚入り)は贈り物に添えるのにぴったり(税込270円)。
左下/手染めで仕上げた御朱印帳(税込2,160円)は、鎌倉にちなんだ絵柄がキュート。
右下/さんざん迷って、購入したのはこちら。Subikiawaのレターセット(税込486円)と、大仏くん切手(税込220円)。

店内には遊び心のあふれるしかけがあって、見ていて飽きません!

上/レジ横にはお店オリジナルのガチャガチャがありました! 手描きのイラストがかわいいマッチ箱や缶バッチ、ポストカードなどがガチャガチャから出てきます。
左下/オーナーの一人、イラストレーターのひだかきょうこさん。マッチ箱のイラストは彼女の手によるもの。
右下/お店の片隅に、来店記念のスタンプを発見! 童心に戻って、つい押してみたくなります。

お店を訪れているわずかな時間でも、お客さんがひっきりなしに出入りしては「かわいい♡」を連発する、人気のお店でした。

鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ
神奈川県鎌倉市大町2-1-11
☎︎0467-40-4913
営業時間 
11:00~18:00
定休日 月曜不定休
http://www.kamakura-kotori.com

🐾
かわいいレターセットも買えて、大満足でお店を出たら、元来た道ではなく踏切を渡ります。下馬の交差点に出たら右折し駅方面へ。左手のかわいい雑貨屋さんがある角を左に進みます。

左/角のお店は「krone-hus(クローネ・フス鎌倉店)」。北欧の食器や道具、雑貨などが置いてあります。
中/「krone-hus」の窓ガラスにかわいい鳥のメッセージを見つけてほっこり♡。
右/30mほど直進すると、今度は姉妹店「pieni-krone(ピエニ・クローネ)」がお目見え。北欧の雑貨やステーショナリーなどを取り扱っています。

雑貨屋さんをすぎて歩いていくと、御成通りの五差路に出てきます。

鎌倉らしいモダンな洋館のある五差路。白いバンが走っている、細い道に入りましょう。

小道を進み、大きな通りにぶつかったら右へ。カレーの有名な「OXYMORON onari(オクシモロン オナリ)」とリネンなどの天然素材を使った洋服を扱う「LISETTE(リゼッタ)」があります。

どちらのお店もシックな外観が街並みとマッチしていて、おしゃれ~。

今回はホットケーキでお腹がいっぱいなので、次に来たときにはカレーを食べなくちゃ!と、メモメモ。

3店内で書いて、投函までできる!
乙女心をくすぐる文具店「TUZURU」

「OXYMORON onari(オクシモロン オナリ)」を左手に見ながら進み、2番目の路地を左に曲がると、またまたおしゃれなお店が。

一見何のお店かわからないですが、看板を見ると万年筆が描かれています。そう、こちらは万年筆やボールペンを中心にした、文房具のセレクトショップなんです。

上/徒歩4分ほどで駅という好立地ながら、裏通りなので静かなお店です。
下/看板からしてとってもおしゃれ! 入る前から期待が高まります。

ブルーの壁が印象的な店内には、筆記具やカードなどがずらり。実用的な文房具屋さんとは違い、どれも大人が手に取りたくなるようなデザインのものばかりで、センスの良さを感じるセレクト!

気軽に書けるカード類が、左の壁一面に。好みのテイストのものがきっと見つかるはず!
左/手頃な値段のペンがそろっているコーナー。
右上/万年筆にはひとつひとつ説明が書いてあるので、じっくりと読んでしまいます。
右下/京友禅紙に和柄が描かれた筆ペンはどれもかわいくて、選ぶのに時間がかかりそう♪

このお店のさらなる魅力は、奥に実際に手紙を書けるライティングスペースがあること! 普段手紙を書かない人でも、旅先でならふと書いてみたくなりますよね。鎌倉も、日帰りではあってもプチトリップ感があるので、ぜひ記念に書いてみてはいかがですか?

「TUZURU」で商品を購入した方は、こちらのスペースで手紙を書くことができます♪

せっかくなので私も、実際に手紙を書いてみました!

左/「TUZURU」で購入したのはこちら! 左は「新毛筆 はなこ(税込540円)」、右は「レターペン本体(税込162円)」、「レターペン インク替え芯(税込216円)」。
右上/先ほどのお店で買ったレターセットも使って、しばらく会っていない友人へお手紙を。
右下/切手を貼って設置してあるポストに書いた手紙を入れれば、実際の郵便ポストへ投函してくれるそう!

書きあがった手紙を店内にあるポストに入れて、久しぶりにゆっくりと有意義な時間が過ごせたことに大満足でお店をあとにしました。

TUZURU
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-1-4
☎︎0467-24-6569
営業時間 
11:00~18:00
定休日 水曜
tuzuru-kamakura.com

🐾
「TUZURU」を出たら先ほどの道を左へ4分ほど進み、小さなふみきりを渡ります。

緑が豊かな、落ち着いた雰囲気の道をおさんぽ♪

裏道を進んで、黒の板塀に突き当たったら右へ。「鎌倉市川喜映画記念館」の前を通ります。

左/カメラを構えたくなる、風情のある道。 右/こちらが「鎌倉市川喜映画記念館」。映画資料の展示や映画上映もしているそう。入口前にはE.T.やマリリンモンローなどの顔はめパネルもありましたよ!

鎌倉は雰囲気のある通りが多いので、カメラを片手にさんぽするのが楽しい♪

4鎌倉に来たからにはぜひ味わいたい
「鎌倉ビール」と絶品ソーセージ!

さらに1分ほど進むと小町通りに突き当たります。「鎌倉ビール」と書かれたのぼり旗が目に飛び込んできました。

左/鎌倉ビールは鎌倉市内のビール醸造所で作られている人気の地ビール。小町通りの中でもいくつかの飲食店で飲むことができるようです。
右/赤い看板が目立ちます。お店の前は人でいっぱい!

そういえば喉がカラカラ。そのお店に吸い込まれるように入ってみると、本格ドイツソーセージの有名なお店でした!

ソーセージは、プレーン、ハーブ、チョリソー、ピザ、カラブレッサの5種類。 一度ボイルしてから焼きつけているのでぷりぷり&ジューシー!

鎌倉ビール1本とソーセージ1本の「鎌倉ビールセット(税込1050円)」をテイクアウトするのが人気のようですが、私はお腹がすいてきたので店内でホットドッグを食べていくことにしました。

左/小町通りをビール片手にぶらぶらさんぽするのもいいなぁ~♪
右/8種類あるホットドッグの中から選んだのは「カラブレドック」(税込480円)。スモークした粗びきのソーセージがパリッと香ばしくて本当に美味しい!

鎌倉ビールは月、星、花の3種類があり、中でもこの「鎌倉ビール 月(アルト)(税込750円)」は苦みをおさえたすっきりとした味わいが人気で、数々の賞も受賞しているそうです。友達とそれぞれ別の種類を注文して、飲み比べるのも楽しそう!

インビス鎌倉
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-8-14
☎︎0467-25-5275
営業時間 
10:00~18:00
定休日 無し

歩き疲れた体にまろやかな鎌倉ビールがしみわたり、パンまで美味しいホットドッグを食べてすっかり元気に! 小町通りを駅方面に歩いて、お土産物屋を見ながら帰るとしましょう。

小町通りにはレンタル着物のお店があり、浴衣姿で歩いている人が多くて目が和みます。

*****

小町通りを8分ほど歩くと「鎌倉駅」に到着です。鎌倉にはほかにも、川端康成や夏目漱石など鎌倉ゆかりの文学者たちの直筆原稿や手紙などがみられる「鎌倉文学館」があります。時間に余裕があれば、ぜひこちらも立ち寄ってみてくださいね。

おさんぽのおさらい

鎌倉駅 東口→①イワタコーヒー店→②鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ→③TUZURU→④インビス鎌倉→鎌倉駅 東口

行程:2.9km
歩数:3,929歩
所要時間:36分+お茶、お買い物
予算:4,500円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

さんぽに行ったライター

世田谷区在住、雑誌やWEBのライターをしている3児のママです。趣味は評判のパン屋さんやカフェを求めて、わざわざ遠出すること。こじんまりとした居心地の良いお店を探しながら日々おさんぽをしています。