初夏の潮風を浴びながら、フォトジェニックな「みなとみらい」海沿いさんぽ

港町・横浜ならではの雰囲気を存分に楽しめ、デートやお買い物にぴったりな「みなとみらい」地区。今回はインスタ映えバツグンの、フォトジェニックなスポットがいくつもある「マリン&ウォーク ヨコハマ」を中心に、海沿いをおさんぽしてみました。締めは山下公園で開催されたビールのフェスへ! のんびりとした初夏らしい一日を満喫できますよ♪

今回のおさんぽルート

馬車道駅6番出口→①good spoonみなとみらい→②GREENROOM GALLERY Yokohama→③ベルギー ビールウィークエンド ヨコハマ(山下公園)→元町・中華街駅2番出口

行程:2.8㎞
歩数:3,794歩
所要時間:35分+ランチ、ショッピング、イベント
予算:7,000円

今回のおさんぽのスタートは地下鉄みなとみらい線「馬車道」駅。みなとみらい線は東急東横線と接続していて、「馬車道」駅は横浜駅から5分ほどで着きます。

こちらの駅は建築家内藤廣氏による設計で、ホームは一面煉瓦の壁になっていたり、歴史的建築物を内装に用いていたりと、みどころ満載!

広々とした改札口はドーム状の吹き抜けになっていて迫力あり!

「馬車道」駅6番出口を出ると、目の前には煉瓦造りの立派な建物があります。こちらはかつて日本の輸出産品の生糸を検査する場所で、今は横浜第二合同庁舎となっている歴史ある建物です。

歴史的建造物として横浜市に認定されています。

こちらの建物を正面見て右手へ、まっすぐに海へと続く万国橋通りを歩いていきましょう。10分弱歩くと右手に見えるのは、今注目のショッピングモール、「マリン&ウォーク ヨコハマ(MARINE&WALK YOKOHAMA)」です。

M&Wのオブジェにはライトが組み込まれているので、夜になると大人な雰囲気にチェンジ。

自家製フレッシュチーズが食べ放題の「good spoon」にて、さっそくランチ

「マリン&ウォーク ヨコハマ」は、ウォーターフロントという最高のロケーションに建つ、アメリカ西海岸にあるような開放的な雰囲気のモールです。「海沿いの倉庫街に街路を作る」というコンセプトで2016年にオープンし、おしゃれなセレクトショップやカフェ、レストランなどが26店舗ほど入っています。その中でも楽しみにしていたお店、「good spoonみなとみらい」に到着です。

左/お店の壁面にはスプーンのオブジェがずらりと並んでいて、訪れたら写真を撮らずにはいられないスポットとなっています。
右/「ロサンゼルスの緑と木々があふれるカフェをイメージした」というウッド調の店内は居心地良し!

こちらのレストランはチーズ好きの間で人気急上昇中! チーズ工房が併設され、契約農家から毎朝届く新鮮な牛乳を使った自家製フレッシュチーズがビュッフェスタイルで楽しめるんです。ランチメニューの「自家製フレッシュチーズとチーズデリカの食べ放題+選べるメイン(税込1850円)」に「+ドリンク&スープバー(税込300円)」をプラスしてオーダーしました。                

上/手前から時計回りにフロマージュブラン、リコッタチーズ(アロエ)、リコッタチーズ(イチゴ)、クリームチーズ、モッツアレラチーズと、5種類のフレッシュチーズが並んでいます。
左/サラダやデリ、ドリンクなどがずらり! お皿もカラフルでウキウキします。
右/野菜やフルーツをつけこんだ風味豊かなデトックスウォーターも用意されていました。

テラス席も合わせると150席以上あり、とても広々としていてくつろげます。今回はせっかくなので、海を見ながら食事を楽しめるテラス席に座りました。テラス席はワンちゃんもOKということなので、愛犬とのおさんぽにも良さそうですね。

上/オーシャンビューの気持ちのよいテラス席。この日は曇りでしたが晴れた日にはキラキラと光る海を眺められます。
左下/デリの白菜ミートボールやポテトサラダ、ラタトゥイユなど、どれも美味♡
右下/手前のふんわりとしたクリームチーズは塩っけがあって特に気に入りました!

チーズはそのままではもちろん、パンにディップしたり、デリにトッピングしたりとさまざまな楽しみ方ができます。フレッシュチーズ以外にもデリも豊富なので、ついつい取りすぎてしまいそう。美味しいデリを楽しんでいるとメインが登場。選んだのは一番人気という「名物! ブッラータチーズ乗せボロネーゼ(+税込800円)」。

ブッラータチーズが主役のインパクト大のパスタ。ドリンクはドリンクバーの中からカシスブルーベリーを選びました。

ブッラータは究極のフレッシュチーズといわれていて、袋状のモッツァレラチーズの中に、ストラッチャテッラという生クリームとほぐしたチーズが詰められているもの。ナイフを入れるとトロトロのチーズがあふれ出します。

太めのもっちりとしたボロネーゼのパスタとチーズの組み合わせが最高! 真っ黒なBlackソフトクリームなど、気になるスイーツもたくさんあったので、それは次のお楽しみに。美味しいランチに大満足でお店を後にしました。

ランチは①11~12:30、②13~14:30、③15~16:30と三部制になっているので、事前に予約をしていくことをおすすめします!

good spoonみなとみらい
神奈川県横浜市中区新港1-3-1マリン&ウォーク ヨコハマ2F
☏050-5269-7341
営業時間 11:00~23:00(LO.22:00)
日曜 不定期営業
定休日 なし

「マリン&ウォーク ヨコハマ」 をブラブラ歩いていると、思わず写真を撮りたくなる場所がいっぱい。特にウォールアートはいたるところにあるので、おしゃれなフォトスポットを探しながらおさんぽするだけで時間があっという間に経ってしまいます。

(上)壁画やちょっとした看板まで、外国映画に出てくるような雰囲気!
(左下)階段もカッコいいデザインなので、ワンちゃん連れの方が写真を撮っていましたよ。
(右下)オープンなつくりで開放的なショッピングモール。中央のストリートに沿ってセレクトショップなどが並んでいます。

多くのフォトジェニックなスポットの中でも人気を集めているのが、壁面に描かれた「天使の羽(エンジェルウィングス)」。ロサンゼルス在住のアーティスト、コレット・ミラー氏によるもので、愛と平和の象徴である「天使の羽」の壁画で世界をハッピーにするプロジェクト「Global Angel Wings Project」の日本初正式登録スポットなんだそう。ここで写真を撮るために行列ができることもしばしば。

左/こちらがエントランスにある「天使の羽」。写真を撮るための順番待ちの列がとぎれない人気スポットです。
右/別の場所にある、小さめの天使の羽もキュート!

「GREENROOM GALLERY」で、“海を感じる”アートや雑貨をゆっくりと堪能

フォトスポットをめぐっていたら、気になるお店があったのでのぞいてみることに。

カモメと海のさわやかなイラストに誘われて店内へ。

ここはビーチ&ビーチカルチャーを発信するアートギャラリー兼セレクトショップ。海とともに生きるライフスタイルを提案しているお店なんだそう。

海をモチーフにしたアートが壁いっぱいにかかっていますが、中でも一番人気はハワイ在住のアーティスト、ヘザーブラウンの作品。ステンドグラスのような独特の描き方でハワイの自然を切り取っています。お部屋に一つ飾るだけで、さわやかなハワイの風を感じられそう。

左/ペーパーにプリントしたタイプはお手頃価格。
右/キャンバスプリントには裏面にシリアルナンバーが入っています。店長の渡邊さんがひとつひとつの作品を丁寧にレクチャーしてくれました。

基本はアートギャラリーですが、気軽に買える小物類も豊富に並んでいます。

上/30人ほどのアーティストの作品や、オリジナル雑貨なども販売。
左下/レザーのグラデーション染めがおしゃれなAyakawasakiの小物もそろっています。「ポーチ(税込6,264円)」、「ブックカバー(税込9612円)」。
右下/「オリジナルTシャツ(税込4536円)」はハワイ店など全店で共通で取り扱っています。

雑貨やウェアに加えて、サーフボードも入荷予定。レジェンドサーファー、ジョエル・チューダーモデルのロングボードを取り扱うというので、サーフィン好きなお友達を連れて行ってみたいですね。

5月27日(月)にはこちらの店内で、ハワイを拠点に活躍するアーティストBREE POORT(ブリーポート)のアートショーが開催されます。レジンを使ったツヤツヤとした独特の色合いや質感が美しいと、彼女の作品は国内外で大人気! 去年の「GREENROOM FESTIVAL」では全作品が完売したほど人気のアーティストです。

左下/作品名は「SUNSET LOVE」。何層にもぬり重ねられた独特の立体感やグラデーションが、写真ではきちんと伝えられないのがもどかしい! ぜひ直接ご覧になっていただきたいです。
右下/アーティストご本人も来場するので、実際にお会いできるチャンス。

GREENROOMでは毎年5月に赤レンガ倉庫にて日本最大級のサーフカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL」を開催しています。音楽、アート、映画などさまざまなカルチャーに触れられると、毎年多くの人でにぎわっています。

今年は5月25日、26日に開催! トム・ミッシュやクレイジーケンバンド、Nulbarichなどが出演するので、ぜひサイト(https://greenroom.jp/)をチェックしてみてください。

GREENROOM GALLERY Yokohama
神奈川県横浜市中区新港1-3-1マリン&ウォーク ヨコハマ1F
☏045-319-4703
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし

🐾

海を感じるアートを満喫し、大満足で「マリン&ウォーク ヨコハマ」を出て、お散歩の再開! 右手に赤レンガ倉庫が見えるので、そちらの方面に歩いていきます。潮風を浴びながらのおさんぽは気分爽快です! 

赤レンガ倉庫と大桟橋の中間には「象の鼻パーク」という公園がありました。何で象の鼻なんだろうと疑問に思い、「象の鼻テラス」という建物の屋上に上ってみたらその訳がわかりました。大桟橋にある波止場が、長い象の鼻の形をしているんです。パーク自体は大桟橋を含み、約3.3haと、とっても広い公園でした。

左上/横浜市開港150周年事業として2009年に開館した「象の鼻テラス」。芝生の中に建ち、一息つくスポットとしても人気。
右上/パーク内にある「象の鼻カフェ」ではかわいい象のソフトクリームも食べられます。
左下/いたるところに象さんがお出迎え。
右下/船の手前に見える波止場は、上からみると象の鼻のような形をしています。

海沿いを大桟橋方面に2分ほど歩くと、橋のふもとにカッコイイ建物を発見! 目の前まで行ってみると、「BLUE BLUE YOKOHAMA」というショップの外壁でした。古い倉庫をリノベーションした建物で、雑誌の撮影でもよく使われているようです! ショップには「YOKOHAMA LOTUS」というベーカリーカフェが併設されているので、外にもテーブル席が。ここで一息つくのもいいですね♪

左/鮮やかなブルーの壁は撮影スポットとして大人気!
右上/夕暮れの横浜港。遠くに「横浜ベイブリッジ」が見えました。
右下/ふと下を見ると開港の道を示すマークや、コース上の観光スポットへの距離がわかる案内柱がありました。開港の道は「桜木町駅」から「港の見える丘公園」なで続いているそう。

締めはベルギービールのフェス@山下公園で盛り上がろう!

大桟橋を越えて9分ほど歩き、山下公園の東端へ。到着したのは「ベルギー ビール ウィークエンド2019 横浜」という、ベルギービールの祭典です。日本各地で開催されていて、今年は記念すべき10年目のアニバーサリーイヤー。数あるビールフェスの中でも特におしゃれで素敵と評判を聞いてから、ずっと気になっていたこのイベントに初潜入です!

このイベントは入場無料。会場での飲食は専用コインと、ビールを注ぐオリジナルグラスが必要になるので、コインとグラスがセットになった「スターターセット(税込3,200円)」を購入します。事前にファミリーマートやインターネットやで前売りチケット買うと税込2,950円とお得なので、ぜひ事前ゲットをおすすめします。

左/あたりが暗くなると、仕事帰りらしき人々が続々と集まってきました。
右/オリジナルグラスの中には飲食用のコインが11枚入っています。ビール1杯は3~5コイン必要。

コインがなくなったら会場内で追加コイン(税込220円)をゲット。余ったコインはイベント期間中ほかの開催都市でも使えますよ。ビールを1杯だけ飲みたいならスターターセットではなくバラ購入するのがおすすめ。ビールはコイン3枚(1枚税込220円)から飲めるシステムとなっています。

94種類のベルギービールの中から何を選ぼうと迷ったら、ガイドブックの出番! ビールの説明がそれぞれ細かく載っているので、熟読しました。飲みたいビールが決まったら、配られたマップを見ながらブースへGO!

上/メジャーなものか、レアなものにするか悩みつつ、お目当てのビールがあるブースへ向かいます。
左下/実際にどんな味か教えてくれる各ビールのテイストチャート。甘味、酸味、苦み、コク、キレ、香りの数値を参考に自分の好みを選べます。
右下/ビールを注いでくれるスタッフの方たちも笑顔!
上/メジャーなものか、レアなものにするか悩みつつ、お目当てのビールがあるブースへ向かいます。
左下/実際にどんな味か教えてくれる各ビールのテイストチャート。甘味、酸味、苦み、コク、キレ、香りの数値を参考に自分の好みを選べます。
右下/ビールを注いでくれるスタッフの方たちも笑顔!

まず最初はピルスナービールの「プリムス」を注文しました。「プリムス」はクリアな味わいのプレミアムラガービールで、ベルギービールの中ではかなりポピュラーな存在。最初の一口の爽快感は格別です!

何杯でもいけちゃう、王道の味の飲みやすいビール「プリムス」。

グラスが空になったら、会場に設置されたベルギー製のグラスリンサー(洗浄機)ですすいで、次なるビールへ。2杯目はちょっと変わり種に目を向けて、フルーツビールの「リンデマンス クリーク」を選びました。チェリーの味とシャンパンのような華やかな香りが特徴です。甘いので、ジュースのようにゴクゴク…。

お次は「シメイゴールド」です。ガイドブックによると、かつて修道院の中だけで飲まれていたというビール。シャープかつ、さわやかな味わいで「今日の一番はこれだな」なんて思いながらじっくりと味わいました。今回は見送りましたが「ベルギービール飲み比べセット(税込1,500円)」というのも、ちょっとずつ色々試せるので楽しそう!

左上/「ベルギービール飲み比べセット」は期間中毎日先着100セット限定で発売。
右上/ピンクレッドの色合いも華やかな「リンデマンス クリーク」。
下/「シメイ ゴールド」には定番のおつまみ「フリッツ(フライドポテト)」もつけてみました。

横浜での開催は終了してしまいましたが、まだ2都市3会場にてイベントが開かれます。

東京・「日比谷公園」にて6月27日(木)~7月7日(日)、大阪・「大阪城公園 太陽の広場」にて7月11日(木)~21日(日)、東京・「六本木ヒルズアリーナ」にて9月11(水)~16日(月・祝)。ビールが美味しくなる季節にぜひどうですか?

さまざまなアーティストのライブも行われています(写真は昨年の様子)。

ベルギービールウィークエンド ヨコハマ
山下公園(神奈川県横浜市中区山下町279)にて開催
※イベントは終了。今後は2都市3会場で開催予定。

ビール3杯とフリッツでコインがキレイになくなり、酔いもまわって良い感じになってきたところで、そろそろおさんぽを終えましょう。

★★★★★

海沿いを、船の汽笛を聞きながらするおさんぽは本当に格別でした! このエリアは歴史的な建物も多く、一方でインスタ映えスポットも盛りだくさんという、いろんな表情が楽しめる街。ぜひ、非日常を楽しみに行ってみませんか?

【今回のおさんぽルート】

馬車道駅6番出口→①good spoonみなとみらい→②GREENROOM GALLERY Yokohama→③ベルギー ビールウィークエンド ヨコハマ(山下公園)→元町・中華街駅2番出口

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

さんぽに行ったライター

世田谷区在住、雑誌やWEBのライターをしている3児のママです。趣味は評判のパン屋さんやカフェを求めて、わざわざ遠出すること。こじんまりとした居心地の良いお店を探しながら日々おさんぽをしています。