ローカル感とイマドキバランスが魅力の松陰神社でカフェ巡り

三軒茶屋から下高井戸までを結ぶ路面電車“東急世田谷線”の、三軒茶屋方面から5分ほどにある「松蔭神社前駅」。見どころは、昔ながらの商店街やイマドキのカフェや雑貨屋が混在する駅周辺と、学問成就にご利益があると言われている神社「松陰神社」。どこかホッとする雰囲気の「松陰神社通り」は、カフェホッピングを楽しみながら女子友とのさんぽがおすすめです♡

今回のおさんぽルート

松陰神社前駅 → ①松陰神社 → ②All About My Croquette →③nostos books → ④AMBIRD → 松陰神社前駅

行程:0.8km
歩数:1251歩
所要時間:10分+参拝、お買い物、お茶
予算:4,000円

駅から北側へ1分ほど歩くと、「桜井精米店」前に気になる鳥かごを発見。すると突然たくさんのスズメたちが!聞くところによると、ここのご主人がエサをあげているそうですよ♪

ちょっと気になるものの前で立ち止まれば、商店街の人たちと自然と会話が始まる松陰神社通り。いい距離感のある心地よい商店街だなあと、思わずにやけてしまうほど◎
幸先の良いおさんぽスタートで期待が膨らむ!

幕末の歴史を感じながら松陰神社でお参りしよう♪

商店街を抜けると見えてくる「松陰神社」。幕末の教育者であり思想家である吉田松陰を祀ってあることで有名な神社です。そのため学問とゆかりのある神社として、合格祈願や学問成就のお参りに遠方からもやってくるそうです。

高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋らを輩出した「松下村塾」も見学できるので、歴女なら是非立ち寄りたい!

とても綺麗で気の流れがいい境内をのんびりさんぽすれば、気分もリフレッシュ★

開門は7時~閉門は17時。ご祈祷やお守り、御朱印などは9時からの受付になります。

おしゃれに進化したフォトジェニックなコロッケを召し上がれ

神社から商店街へ2分ほど引き返すとなにやら美味しそうな匂いが……。
オーナーのコロッケ愛で、2016年にオープンしたコロッケ専門店「All About My Croquette」です。

北海道産の男爵いもをメインに手作りされたコロッケ。2ヶ月に1回ほど新作が登場し常時6〜10種類が店頭に並んでいます。“ビーツ&クリームチーズ”や“エビバニラ”など意外な組み合わせも! どんな味なのか想像しながら選ぶのが楽しい♪

おすすめは「2種のコロッケと日替わりデリのプレート(税込1000円)」。

マッシュポテトに角切りのジャガイモを混ぜたシンプルな“プレーン”と、半分に割ると鮮やかなピンクがまさにインスタ映えの“ビーツ&クリームチーズ”をチョイス! 俵型が愛らしいコロッケは、衣が薄いのでペロッと食べられちゃいます♡

All About My Croquette
 東京都世田谷区若林4-20-9 若松屋ビル1F
☎︎03・6450・8022
営業時間 11:00-20:00
定休日   月曜・木曜
http://aamc.jp

お腹もいっぱい! さぁ、踏切を渡って商店街の南側へ向かおうとすると…。
目の前にネコのチンチン電車が!

なんでも「玉電開通110周年記念イベント」の一環だそう。世田谷線沿線にある寺院 豪徳寺が「招き猫発祥の地」だということもあり、「招き猫電車」とのこと★ 2018年3月末まで運行予定なので、是非おさんぽがてらチェックして!

おしゃれな古本屋を発見! 品揃えがなんともマニアックで面白い

「招き猫電車」を見ることができて“今日はツイてるなぁ~”と思いつつ、そのまま南側を1分ほど進むと、ビジュアルブックなどの古書を扱う「nostos books」に到着。

取扱いジャンルはアートやデザインを中心に、絵本や写真集などサブカル的な古書3000弱がズラリ。週に1回はレイアウトを変えリピーターを楽しませる工夫や、オンラインストアの特集と付随してそれに沿った本を並べているスペースも。

現在は“日本の美、和のデザイン”の特集が組まれていました。民芸と聞くとご年配の方が見るとイメージがありますが、今見ても美しいものが本当に多い! むしろおしゃれだなぁ~と感じるものも!

ショップ内では月に1、2回のペースでいろいろなアーティストの展示もされています。2月25日(日)までは、広告、雑誌、書籍などのイラストレーションを中心に幅広く活躍中のそで山かほ子さんの展示「どこかの街の喫茶店」を行なっており、フォトジェニックな作品が並んでいるのでこちらもチェックして♪

ほかにも国内の作家さんの雑貨が置かれているので、センスの良いアートに触れるチャンスがいっぱい!

nostos books
東京都世田谷区世田谷4-2-12
☎︎ 03・5799・7982
営業時間 12:00-19:00
定休日 水曜
https://nostos.jp

お店を出てすぐ南側には、なんともノスタルジックな路地が! 思わず写真を撮りたくなるほど★

入り口の脇にはガチャガチャも。

童心に返ってチャレンジしてみるのも楽しいかもしれないですね!

本当は内緒にしていたい! 週2日のみオープンのカフェ★

路地を散策した後は、隣のカフェでひと休み。松陰神社のカフェで有名な「café Lotta」の場所に、定休日の水曜・木曜だけオープンしている「AMBIRD」。

黒鳥さんの淹れるコーヒーは、ビギナーからコーヒー好きまで楽しめるように浅煎り、中煎り、深煎りの豆を用意。ハンドドリップで1杯1杯丁寧に入れてくれます。

オーナー自らが農園で仕入れた煎茶。一煎目から三煎目までの味の変化を楽しんで♡

OnibusCoffeeの浅煎りコーヒー(税込500円)と手づくりのパウンドケーキ(税込400円)を合わせて食べて至福の時間♡ ゆったりと時間が流れるので友だちとの話に花を咲くはず!

AMBIRD /café Lotta
東京都世田谷区世田谷4-2-12
café Lotta
営業時間 12:00〜18:00
定休日   水曜・木曜
AMBIRD
営業時間 12:00〜20:00
水曜・木曜のみ営業
https://www.instagram.com/ambird_coffee_tea

いかがでしたか? 松陰神社のカフェさんぽ。今回はお話を伺えなかったけれど、落ち着いた雰囲気の「STUDY」や行列ができるほど人気の焼き菓子店「MERCI BAKE」、モーニングに最適な「旭屋パーラー」など、松陰神社通りにはカフェの名店がたくさん!ゆったりと流れる時間の中で、女子友とおしゃべりしながら商店街を行ったり来たりしながら 探すのも良さそう◎ 忙しい日々から離れて、いつもは見過ごしがちなその土地の良い雰囲気を感じてリラックスしてみませんか?

おさんぽのおさらい

松陰神社前駅 → ①松陰神社 → ②All About My Croquette →③nostos books → ④AMBIRD → 松陰神社前駅

行程:0.8km
歩数:1251歩
所要時間:10分+参拝、お買い物、お茶
予算:4,000円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

さんぽに行ったライター

自然とコーヒーが好きなアラサー女子。 インスタ映えも大事だけど、何度も行きたくなるような心に響くもの、場所を探し中。 渋谷、中目黒、学芸大学がテリトリー。