静かで自然を感じられる護国寺で発見!人気ランチと和菓子のお店

護国寺駅は東京メトロ有楽町線にあり、都心からのアクセスも抜群なエリアです。護国寺駅という名は、隣接するお寺「護国寺」に由来されています。
都心にいながらも自然を感じられるおさんぽにぴったりな場所です。
そんな護国寺駅周辺のおいしいお店見つけちゃいました♪

今回のおさんぽルート

護国寺駅3番出口→①護国寺→②MENSHO→③群林堂→護国寺駅3番出口

行程:2.3km
歩数:3194歩
所要時間:30分+ランチ
予算:2000円

護国寺駅3番出口から地上へ上がっていきます。
この日は夏日予報でとってもいい天気!まさにおさんぽ日和でした。

1都会のオアシス護国寺でお参り

3番出口を上がるとすぐ目の前にあるのが「大本山 護国寺」。
東京の都心にありながら、江戸の面影を伝える「護国寺」は、訪れる方々の触れ合いの場として親しまれているそう。
実際に訪れると、静かで緑が多く都心とは思えない風景。暖かい気候と境内を抜ける風もとっても気持ちが良いです。お仕事の休憩時間に訪れている方もたくさんいました☆
「仁王門」からお参りスタートです。両側には金剛力士像があります。

創建は天和元年2月(1681年)。国宝や重要文化財など数多くが寺宝とされています。

「仁王門」をくぐって中に入ると、たくさんの木々が立ち並び広々した空間に。一歩裏は交通量の多い大通りなのに、そんなことを忘れるくらい静かで、ちょっと郊外まで来たような気分。
正面に見える階段を上ると本堂が見えてきます。ちょっと暑いけど頑張って上りましょう☆

「観音堂」(本堂)に到着です☆
元禄10年のお正月に新営の幕命があり、約半年間の工事日数でこの大造営を完成させたそうです。元禄時代の建築工芸を結集させた大建造物で、その雄大さは都内随一のものと賞されています。
震災や戦災と2度の大災害に襲われながらも姿を変えず江戸の面影を今に伝える貴重なもの。
この日はお参りをして「護国寺」をあとにしました。

護国寺
住所: 東京都文京区大塚5丁目40−1
公式ホームページ

2人気のラーメン店でおしゃれランチ☆

今日は「護国寺」内をたくさん歩いたから、いつもよりボリュームのあるランチを食べたいなーっと、「護国寺」を出て音羽通りをまっすぐ南下していくと、100メートルほどで人気のラーメン店「MENSHO」が見えてきました。

カフェ?イタリアン?ラーメン店とは思えないおしゃれな外観!

実は女性ってラーメン好きなのに、よくあるラーメン店は少し入りずらい。
このお店は女性一人でも入りやすい雰囲気なので、今日のランチはここに決定☆
実際にお店へ入ってみると女性客がたくさんいます。おしゃれでなおかつ美味しいラーメンがいただけるなんて嬉しいですよね☆

今回は、「挽きたて小麦つけめん¥1000」、「醤油らぁめん¥900」、「鴨ご飯¥500」をオーダーしました。どんなラーメンが出てくるか楽しみです。

店内を見渡すと、なんと製麺所が隣接されていて、ガラス越しにその様子を見ることができます。右のほうにある石臼で小麦を挽いているそう。自店で製麺しているなんて珍しい。
こだわりの麺、ますます楽しみ!

上)醤油らぁめん(味玉トッピング) 下)鴨ごはん

見た目もきれいでいい香り!
「醤油らぁめん」はあっさりしていながら本枯節の風味がしっかりあります。
麺は中細のストレート麺で、スープによく合います。
「さんぽるじゅ」スタッフは、具のメンマがとても気に入って追加オーダーしちゃいました!穂先メンマですがシャキシャキしっかりとした歯ごたえもあり、味付けもちょうどよい☆食べる手が止まりません。

「鴨ごはん」はメニュー写真のビジュアルで気になった一品。
スポイトにはオレンジと柚子の柑橘エキスが入っていて、途中で味変したいときにかけるとのこと。ご飯の周りは青のりで、磯の香りと鴨ごはんがとても合います。付け合わせの鴨ロースが柔らかくて絶品でした!

続いて到着したのは「挽きたて小麦つけめん+味玉トッピング」。
手前にあるのは天然水で、まずは小麦の風味を楽しむためにお水につけて食べるそう。そのあとは左にあるお塩をつけて一口。そのあとにスープにつけていただくそうです。
店員さんに説明していただき、実食です!

お蕎麦のようなビジュアルの麺。今まで食べたことのない食感と味でした。
とにかく小麦の風味がよく、製麺所での様子を見ていたせいか安心感があります。つけスープも濃厚なのにぱくぱく食べ進められるおいしさ☆
他にはない味に大満足です♪

こちら「MENSHO」では扱う食材はすべて国産のものだそうです。
実際に生産地を訪ねて見つけた食材の数々。Farm to Bowlが広がることを念頭に、日々ラーメン作りをされているとのこと。
また食べに行きたい!と思うラーメン屋さんに出会えました☆

SHOP DATE
MENSHO
東京都文京区音羽1-17-16 1F
TEL:03-6902-2878
アクセス:地下鉄有楽町線 護国寺駅から徒歩1分
営業時間:11:00~15:00/17:00~21:00(定休日:月曜日)
公式ホームページ

3行列必至の豆大福

さぁ、「MENSHO」を出て音羽通りに戻ります。
向かい側にわたり、「護国寺」方面に少し進むと見えてくるのが大人気和菓子店「群林堂」。

この日は平日だったこともあり、運よく並ばずにお店へ伺えました!
普段は行列が当たり前。更に午後には売り切れてしまうことも・・・
日本三大豆大福の1つと呼ばれているこちら「群林堂」の豆大福。
なかなか行くチャンスがなかったので今回来れてとてもうれしい☆

お豆の存在感がある豆大福。
ずっしりとした重みがありますが、甘さは控えめでペロッと食べれてしまいます。お餅は薄目なので食べやすいですよ。

北海道産の赤えんどう豆や小豆を使用しているそう。
さすが日本三大豆大福と呼ばれるだけあって、一口食べるとその人気な理由がわかります。
最後まで飽きずに食べれて、ホッとする懐かしい味に癒されました♪
手土産にもとてもおすすめですよ。

SHOP DATE
群林堂
東京都文京区音羽2-1-2
アクセス:地下鉄有楽町線 護国寺駅から徒歩1分
TEL: 03-3941-8281

いかがでしたか?

都心に近いのに自然を感じられて、ホッとする街「護国寺」をおさんぽ。
もっともっと知らないスポットがありそうなので、また改めてご紹介できたらいいな☆お仕事の合間に、お休みの日に、癒しを求めて「護国寺」でほっこりしませんか?

今回のおさんぽルート

護国寺駅3番出口→①護国寺→②MENSHO→③群林堂→護国寺駅3番出口

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

さんぽに行ったライター

東京在住。美味しいご飯とお酒が大好きなアラサー女子☆ 国内外問わず旅行が好きで、いろんな文化に触れたり新しい発見にわくわくするタイプ! のんびりお散歩したりアクティブに過ごしたり、休日を楽しんでいます。 読んで、見て、お出かけしたくなるような記事をお届けします☆